\急ぎのときの借り入れ先1位/

トップページ > 山梨県 > 甲府市

「冠婚葬祭が続いて今月ピンチ」
「給料日までにお金が足りない」

当サイトでは山梨県甲府市周辺で即日のお金を借りたいとご検討中の方に、今すぐお金を借りれる即日キャッシング可能な人気のカードローンをご紹介しています。至急でお金を借りたいなら、即日融資に対応している安心の大手銀行系カードローンが人気でおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日でお金借りるならこちら

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「会社にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な方へ。ネット審査は誰にも見られずバレずに申し込みができます。郵送物無しにしたいならプロミスの他にモビットも評判です。

山梨県甲府市の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

融資のコラム

キャッシングの審査の際に嘘が厳禁なことはご存知だと思いますが、キャッシングの契約期間に転職した場合は、早急にキャッシング業者に連絡を取りましょう。

住所や電話番号が変わった際も早急に連絡してください。

誤解されがちなのですが、転職したことが業者に伝わるとお金が借りられなくなると思われている方も多いようです。

ですが、連絡した後、すぐに利用が制限されることはありません。

反対に、連絡せずに間が空けば空くほど、発覚した時に信用度が落ち、利用に制限が出るかもしれません。

キャッシングでお金を借りるための大まかな流れですが、インターネットや窓口を通して申込をすると、業者が書類を確認し審査を行います。

審査に通過した時点で、契約が完了しキャッシングが利用できるようになります。

もし、振込での融資を希望していたのなら、銀行の営業時間によっては、その日のうちに指定した銀行口座にお金が振り込まれます。

銀行の営業時間外やすぐに現金を手にしたい場合は、自動契約機でキャッシングカードを入手すれば、対応するATMを使って現金を借り入れらるので、目的に合わせたキャッシング方法を選べば、便利に活用できるでしょう。

意外に思われるかもしれませんが、税金が未納な状態でも特に問題なくキャッシングで融資を受けられます。

税金は高金利なため、滞納を続けると利息がどんどん膨れ上がってくるので、貸付金で税金を払った方が安く済むケースもあります。

税金の滞納が一定期間を過ぎると完済しない限り、差し押さえの可能性が高くなります。

なので、できるだけ早く未納分を払ってください。

支払いが難しいようであれば、自治体に相談してみましょう。

分割して納税できるようにしてくれたり、特別減税されるケースもあります。

万が一、税金が未納になる時には、それが分かった時点で先に相談し、対応をしておくようにしましょう。

キャッシングサービスに申込申請する際には、本人確認できる書類を用意しましょう。

多くの方が運転免許証を使っていますが、交付されていない場合は健康保険証やパスポートでも大丈夫ですし、一つの書類があれば十分です。

免許を持っている人なら、わざわざパスポートの申請をする必要はないわけですね。

もし、このような書類が用意できないという場合は、市役所に行って申請する顔写真付きの住基ネットカード、またはマイナンバーカードも契約できる業者も増えています。

カードローンで絶対に避けなければいけないのは、延滞です。

期日までに返せないでいると、利用停止といって、カードが使えなくなり、借り入れができなくなります。

また、金融業者から書面で、支払いの催促が来るでしょう。

もちろんその書面に書かれているとおりにすべきですが、払わないでいると、元々借りていた会社から別の会社(回収業者)へと債権が移され、ゆくゆくは裁判ということになるでしょう。

延滞したままでいることはできませんから、支払いが遅れそうなときは、業者に連絡すると、分割払いの回数を増やしたりリボにできるケースもあります。

おすすめ1位のプロミス